会社概要 東京国際会計 会社概要
  
  中国子会社対応
国際会計 ロゴ 中国 子会社がご心配ではないですか?
中国子会社に経理・財務系の日本人管理者が駐在しないまま、現地のオペレーションが拡大し続けているケースが増えています。ふと気付いた時には、多 額の不正や粉飾が発生していたということも珍しくはありません。 弊社では、経験豊富な中国公認会計士と税理士が中心となり、以下の業務を提供しております(日本語、中国語、英語対応)。
国際会計 ロゴ 基本業務
1・現地子会社の会計・財務データの月次分析業務

2・現地との中国語コミュニケーション(現地との月次電話会議など)

3・現地会計・税務・法制度・管理体制に関する各種ご質問の調査等


※料金:子会社1社につき月額12万円から
国際会計 ロゴ オプション業務
1・四半期決算対応
・日本基準(またはIFRS)への組替
・日本本社に提出する四半期連結パッケージの作成

2・現地子会社管理体制づくりに向けた具体的対応
・現地管理体制づくりのためのロードマップ作成
・現地管理基準の検討と作成(中国語翻訳を含む)
・日本本社によるモニタリング体制の構築

3・現地子会社の内部監査
・現地業務フローの実態を把握し、課題を抽出
・問題点の改善指導

4・中国子会社に係る移転価格
・各種ご相談
・文書化支援
・中国子会社とのロイヤリティ契約書の作成支援

5・中国進出支援コンサルティング
・中国進出時のスキーム検討
・中国の外貨規制等に関するご相談
・中国人従業員の採用面接支援
国際会計 ロゴ 事例紹介
L社様の会社概要 (日本上場企業の中国子会社)

事業内容:アパレル関連事業
中国子会社の売上高:約10億円
■L社様への提供サービス
(1)現地の経理資料(中国語)の月次データ分析(異常点の発見)      
 試算表、補助簿、管理資料データを毎月、取り寄せて、売掛金、在庫、買掛金、
 経費勘定の内容を分析し、異常点の発見と解決を行う
(2)月次分析報告会の実施                       
 弊社主体で、日本の親会社、中国子会社を含めた電話会議を主催
(3)中国子会社に対する内部監査の実施                 
 年に1度、L社様の経理部とともに現地で数日間の内部監査を実施
■導入効果
・弊社の中国公認会計士による中国語サービスで、現地の経理担当者と意思疎通
が容易になった。
・中国語で作成されている現地の経理関連資料を月次ベースで分析しているため、
中国子会社の問題点を早期に把握できるようになり、適時に対策を講ずること
が可能になった。
S社様の会社概要 (日本企業の中国子会社)

事業内容:運送サービス
中国子会社の売上高:約10億円

■S社様への提供サービス
(1)主要業務フローの見直し
(2)管理会計制度の見直し
(3)ITシステム(業務システム、会計システム)の課題検討
(4)各管理体制の見直し
  請求管理、契約書管理、現金収納管理、売上計上基準の整備など
【導入効果】
・親会社にとってブラックボックスになっていた業務フローが明確となり、シス
テムの非効率な運用と、手作業による重複作業が改善された
・各部門ごとにバラバラに運用されていた海外子会社のシステム体系を全般的に
見直すことになった
・不正の発生可能性が高い業務エリアが明確となり、子会社を牽制するための仕
組みを導入するための検討基礎となった